作業環境測定・空気環境測定

別表:作業環境測定を行うべき場所と測定の種類等

作業環境測定の評価に基づいて、事業者は改善措置等を行わなければなりません。

作業環境測定を行うべき作業場測定
作業場の種類(労働安全衛生法施行令第21条)関係規則測定の種類測定回数記録の保存年数
※@土石、岩石、鉱物、金属または炭素の粉じんを著しく発散する屋内作業場粉じん則26条空気中の濃度および粉じん中の遊離けい酸含有率6月以内ごとに1回7年
2暑熱、寒冷または多湿屋内作業場安衛則607条気温、湿度、ふく射熱半月以内ごとに1回3年
3著しい騒音を発する屋内作業場安衛則590、591条等価騒音レベル6月以内ごとに1回(注1)3年
4坑内の作業場炭酸ガスが停滞する作業場安衛則592条炭酸ガスの濃度1月以内ごとに1回3年
28℃を超える、または超えるおそれのある作業場安衛則612条気温半月以内ごとに1回3年
通気設備のある作業場安衛則603条通気量半月以内ごとに1回3年
5中央管理方式の空気調和設備を設けている建築物の室で、事務所の用に供されるもの事務所則7条一酸化炭素および二酸化炭素の含有率、室温および外気温、相対湿度2月以内ごとに1回(注2)3年
6放射線業務を行う作業場放射線業務を行う管理区域電離則54条外部放射線による線量当量率1月以内ごとに1回(注3)5年
放射性物質取扱作業室電離則55条空気中の放射性物質の濃度1月以内ごとに1回5年
坑内の核燃料物質の採掘の業務を行う作業場
※F特定化学物質(第1類物質または第2類物質)を製造し、または取り扱う屋内作業場等特化則36条第1類物質または第2類物質の空気中の濃度6月以内ごとに1回3年
特定の物質については30年間
※G石綿等を取扱い、もしくは試験研究のため製造する屋内作業場石綿則36条石綿の空気中における濃度6月以内ごとに1回40年
※H一定の鉛業務を行う屋内作業場鉛則52条空気中の鉛の濃度1年以内ごとに1回3年
10酸素欠乏危険場所において作業を行う場合の当該作業場酸欠則3条第1種酸素欠乏危険作業に係る作業場にあっては、空気中の酸素の濃度作業開始前等ごと3年
第2種酸素欠乏危険作業に係る作業場にあっては、空気中の酸素および硫化水素の濃度
※J有機溶剤(第1種有機溶剤または第2種有機溶剤)を製造し、または取り扱う屋内作業場有機則28条当該有機溶剤の濃度6月以内ごとに1回3年
  • ○印は、作業環境測定士による測定が義務付けられている指定作業場であることを示します。
  • ※印は、作業環境評価基準の適用される作業場を示します。
  • 10の酸素欠乏危険場所については、酸素欠乏危険作業主任者(第2種酸素欠乏危険作業にあっては、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者)に行わせなければならない。
(注1)
設備を変更し、または作業工程もしくは作業方法を変更した場合には、遅滞なく、等価騒音レベルを測定しなければならない。
(注2)
測定を行おうとする日の属する年の前年1年間において、室の気温が17度以上28度以下および相対湿度が40%以上70%以下である状況が継続し、かつ、測定を行おうとする日の属する1年間において、引き続き当該状況が継続しないおそれがない場合には、室温および外気温ならびに相対湿度については、3月から5月までの期間または9月から11月までの期間、6月から8月までの期間および12月から2月までの期間ごとに1回の測定とすることができる。
(注3)
放射線装置を固定して使用する場合において使用の方法および遮へい物の位置が一定しているとき、または3.7ギガベクレル以下の放射性物質を装備している機器を使用するときは、6月以内ごとに1回。