お知らせ一覧

全国安全週間は7月1日から!

2021年06月29日
7月1日から全国安全週間が始まります。
今年の全国安全週間は「持続可能な安全管理 未来へつなぐ安全職場」
をスローガンに掲げ、労働災害を防止するために産業界での自主的な活動の推進と、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的としています。
すべての労働者が安全・安心に働くことのできる職場づくりを目指して、安全管理の再確認と労働災害防止の対策を徹底しましょう。

詳細は⇒⇒⇒こちら

溶接ヒューム濃度の測定費用の一部を支援する「有害物ばく露防止対策補助金」制度

2021年06月08日

特定化学物質障害防止規則等の改正により、2022年4月から屋内で金属アーク溶接等作業を実施する事業者は、溶接ヒュームの濃度測定結果に応じ、換気装置の風量増加その他必要な措置を講じなければならないこととなりました。

法令の適用前に溶接ヒュームの濃度測定を行う事業者に、費用の一部を支援する「有害物ばく露防止対策補助金」が交付されます。


補助金交付を受けるには一定の要件が必要となりますので、(公社)全国労働衛生団体連合会のホームページにて詳細をご確認ください。


(公社)全国労働衛生団体連合会ホームページ⇒⇒⇒こちら


全国安全週間(7月1日〜7日)の準備期間は6月から!

2021年06月01日

7月1日から1週間にわたり展開される「全国安全週間」。

労働災害防止活動の推進と安全意識の高揚、そして安全活動の定着を図ることを目的に毎年開催されており、本週間の実施に向け6月1日〜30日が準備期間となっています。


**準備期間中に実施すべき事項などの詳細はこちら**

 

5月から9月まで「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の期間です

2021年06月01日

熱中症の発生が増加傾向にある近年、職場で熱中症を発生するケースも少なくなく、企業や事業場においても熱中症予防対策を講じる必要性が高まっています。本格的な夏が始まる前に、熱中症予防のための取り組みを実施しましょう!


**「クールワークキャンペーン」の詳細は⇒⇒⇒こちら**




石綿障害予防規則の改正について

2021年04月01日

石綿障害予防規則が改正され、下記内容が4月1日より施行となりました。

 @解体・改修工事における事前調査方法の明確化と、分析調査を不要とする規 

  定の吹付け材への適用、また調査結果の記録等

 A解体・改修工事開始前の届出の対象拡大

 B負圧隔離を要する作業に係る措置の強化

 C仕上げ塗材を電動工具で除去する場合の措置の新設

 D建材を湿潤な状態にすることが困難な場合の措置

 E労働者ごとの作業の記録項目の追加

 F作業実施状況の写真等による記録の義務化

 G発注者による事前調査・作業状況の記録に対する配慮


** 詳細は⇒⇒⇒こちら **