お知らせ一覧

平成30年度「全国安全週間」を7月に実施!

2018年05月29日

平成30年度「全国安全週間」を7月に実施!


厚生労働省では、7月1日(日)から7日(土)までを「全国安全週間」、6月1日(金)から30日(土)までを準備期間として、各職場における巡視やスローガンの掲示、労働安全に関する講習会の開催など、さまざまな取組が行われます。


〈平成30年度「全国安全週間」のスローガンは〉

 新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理
  惜しまぬ努力で築くゼロ災



当連合会環境測定部が(公社)日測協主催の精度管理クロスチェック全項目に合格

2018年04月27日

当連合会環境測定部が公益社団法人 日本作業環境測定協会主催にによります第11回総合精度管理事業のクロスチェック全項目に合格いたしました。


作業環境測定の意義は、測定のデザインからサンプリング、そして分析に至る       
一連の過程が、適切・正確に行われているという前提の上に成立しています。       
当連合会環境測定部は公益社団法人 日本作業環境測定協会主催の第11回       
総合精度管理事業のデザイン、サンプリング、粉じん、特定化学物質、金属、       
有機溶剤の精度クロスチェックに参加し、クロスチェック全項目に合格いた

しました。       
 今後も引き続きさらなる精度向上を図り、測定事業所様の作業環境管理の       
お手伝いをさせていただく所存です。

 

   

   
   


平成30年報告版 「有害物ばく露作業報告書」提出期限迫る!

2018年03月23日


平成30年報告版「有害物ばく露作業報告書」提出期限迫る!


平成30年報告対象化学物質を製造、または取り扱っている事業所の事業主の皆様は、今月、3月31日までに管轄労働基準監督署へ「有害物ばく露作業報告書」の提出をおわすれなくお願いいたします。

報告対象化学物質7物質中、特に硫酸、硝酸、塩酸、弗化水素酸の4物質は取り扱い業務が多岐多様に渡っておりますので特にご注意ください。


平成30年版「有害物ばく露作業報告書」の手引き詳細はこちらとなります。↓

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/180223-1m.pdf


平成30年版有害物ばく露作業報告書の提出について

2017年12月28日

厚生労働省より平成30年版有害物ばく露作業報告書の提出について       
化学物質を取り扱う事業主の皆さまへ


厚生労働省では、労働者に重い健康障害を及ぼすおそれのある化学物質について「リスク評価」を実施し、必要な規制を実施しています。このリスク評価を行うにあたり事業場において労働者が有害物にさらされる(ばく露)状況を把握するため、法令に基づいて「有害物ばく露作業報告制度」を設けています。

報告書提出該当化学物質を取扱っている事業主の皆さまはおわすれなく、管轄労働基準監督署に報告書提出をお願いいたします。


*詳細は、こちら

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/170222-1m.pdf


*ご不明な点、またはお問合せは、下記までお気軽にご連絡ください。

 環境測定部 TEL 026-223-0280

    長野測定所 TEL 026-223-0246        
    上田測定所 TEL 0268-64-1151        
    松本測定所 TEL 0263-40-3811        
    諏訪測定所 TEL 0266-58-4315

第38回 作業環境測定研究発表会開催される。

2017年11月17日

第38回 作業環境測定研究発表会開催される。


第38回作業環境測定研究発表会が11月7日から9日の3日間、静岡県にて開催され、当連合会からもリフラクトリーセラミックファイバーに関する作業環境測定の事例について、「RCF測定の事例報告」と題して発表を行いました。


RCF測定の事例報告