お知らせ一覧

労働時間適正把握に関するガイドライン

2017年03月02日


 労働基準法では、労働時間、休日、深夜業等について規定を設けていることから、使用者には、労働時間を適切に管理する責務がありますが、労働時間の把握に係る自己申告制(労働者が自己の労働時間を自主的に申告することにより労働時間を把握するもの。以下同じ。)の 不適正な運用等に伴い、同法に違反する過重な長時間労働や割増賃金の未払いといった諸問題が生じています。

 このため、本年120日厚生労働省にて、労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインが策定されましたのでお知らせいたします。

 

お問い合わせ

  長野労働局労働基準部監督課(026-223-0553

  又は最寄りの労働基準監督署まで



平成29年版 有害物ばく露作業報告書提出について

2017年03月01日

平成29年版 有害物ばく露作業報告書提出について
厚生労働省では、労働者に重い健康障害を及ぼすおそれのある化学物質について、リスク評価を実施し、必要な規制を実施していますが、このリスク評価を行うに当たり、事業場において労働者が有害物にさらされる(ばく露)状況を把握するため、法令に基づいて「有害物ばく露作業報告制度」を設けています。平成29年有害物使用実績分の報告期限が3月31日となりますので、報告漏れのないようにご準備ください。


★詳細は↓

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/070409-1m.pdf

平成29年度の安全衛生講習等の予定表を掲載しました

2017年02月01日

平成29年度の安全衛生講習等の予定表を掲載いたしました。

ご参照いただき、計画的に受講されますようご案内申し上げます。



予定表はこちらからご確認いただけます

【厚労省】リスクアセスメント(コントロール・バンディング)対策シートについて

2017年01月27日

【厚労省】リスクアセスメント(コントロール・バンディング)対策シートについて


厚生労働省は職場のあんぜんサイトで公開している「リスクアセスメント実施支援システム(コントロール・バンディング)」から得られる対策シートの一覧を公表しました。

これにより、出力された対策シートの内容を参考に、使用している化学物質をどのように管理するかを検討することができるようになりました。


★詳細については↓



http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148537.html

健康診断処理システムの刷新に伴う受診票の変更について(第2弾)

2017年01月18日

 昨年12月に健康診断処理システム刷新に伴う各種受診票の変更を掲示しましたが、その後の調査等によって「有機・特有・鉛受診票」「特定化学物質等特殊健診受診票」「騒音健康診断受診票」「じん肺・石綿健康診断受診票」の4種類は従来通りの運用となりますのでご承知おきください。

  

1.受診者データの受信(電子データで頂けたら幸いです)

従来通り受診予定者の受診票を発行致しますが、下記の受診票が変更となります。

 (1)定期健康診断受診票(A3両面からA4両面に変更)【PDF:サンプル
 (2)胃検診票(胃バリウム検査のある方のみ)【PDF:サンプル
 (3)振動、チェンソー健康診断受診票(1枚の受診票に変更)【PDF:サンプル
 (4)VDT健康診断受診票【PDF:サンプル
  ※眼底検査の受診票は廃止します


2.健康診断の流れ(基本的には従来の健康診断と同じです)

 (1)各種受診票を受診者毎に封入れし事業所ご担当者に発送します
 (2)受診日当日、受診票に印字されているバーコードを読み取り受診者毎の検査項目を確認し受付処理を行います、そのあと各検査を実施して頂きます。
 (3)全ての検査を終了しましたら受診票を回収します(これで検診は終了となります)
 (4)以後結果については従来通りです。

【お問合せ先】
松本健診所(松本安全衛生センター2F) 電話:0263(40)3911 担当:藤田